From the monthly archives: 3月 2006

turu engadetjapan
とてもシュールなオーブントースターなPCの登場です。
オーブントースターの形をしたPCなのか、PCの形をしたオーブントースターなのか、
使い方は、利用者によって決定されます。

CPUの高発熱をテーマにしたとてもシュールな作品。
(もちろんパンは焼けません。:??

 

いろいろなところで次世代の検索サービスが模索されていますが、
今後有力視される、メディアタイプのなかで写真の検索があります。
Y!もGoogleもイメージ検索はありますが、あくまでhtml内のテキストマッチに過ぎない。
ここで本当に写真の画像から人物や風景を判別することができれば、
有用には違いません。
(ここ!なんですがriyaを見るまでは人力でやるビジネスモデルもありかなと思ってました。
良く、2chで「勇気が無くて・・・」というスレを昔見たので、やっぱりこの部分は人力なんだと
感心していたものです。まあ、まだその余地はあると思ってますが)
そこで登場したのがriya
以前から、おなじみtechcrunchでも紹介されていましたし、googleが買収するんじゃないかとか、
流れたなどの情報が飛び交ってましたが、
先日、サービス提供開始されていましたので利用してみました。
riya.jpg

Continue reading »

 

私はどちらかと言うと、多くを語れないというか、話す前に相手が
何を考えているのかや感じているのかを考えてしまったりして、
居合わせた人と世間話をしながら時間を過ごすということがなかなかできません。
もともと、共通話題が何かとか、相手が興味があるのが何かといったことを
探す能力が低いのかもしれない。学校や会社でも良く人の注目を集める人が
大抵人気者になったりして、口下手な自分にはうらやましい限りです。
そんな私にも、これをケータイか手帳にメモしておけば、話題も広げられるかもしれません。
(営業マン必見かもしれませんね)
言わずと知れたwikipediaで、日本一の一覧という項目があります。
お暇なときにも是非どうぞ。面白いです。

Continue reading »

 

SNSがやたら量産されている。
弱小なところが、たくさんコミュニティとしてSNSを作ってはいたが、
最近になって大手がどんどん参入している。
(逆算すると昨年秋くらいに参入を決めたのだろうな)
Y!360
http://360.yahoo.co.jp/
FREEML
http://sns.freeml.com/ep.umzx/grid/General/node/IndexFront

楽天リンクス
http://my.plaza.rakuten.co.jp/sns/
(もうちょっと待ってね)
思うのは、自分もどちらかと言うと、
「どのSNSにも存在する1000人」に入りたいと思ってしまうクチなので、どのSNSにも果敢に
突入していこうと思っているのですが、ここまで出てくると煩雑です。
とっとと、FOAFをそれぞれのサービスで
公開できるようにして欲しい。そうすれば、アプリケーションやデザインで勝負できる。

 

gooファンコミの今週のお題はgooヘルスケア
これ一度も見たこと無かったんですけど、見ると結構良いんですね。
(gooのサービスってこういうのが多いですね、、知らなかったけど使ってみると良い。みたいな)
これまで個人的には健康なるものに対して、ほとんど関心を払ってこなかったのですが、
昨年、結婚してからと言うもの、予期せず体重が増えたり、電車でフラッとしたりすることがあって、
これまでのように、無謀に飲み歩いたりとか、ランチにラーメンチャーハンといった暴飲暴食は
控えなきゃいかんという意識にも徐々になってきた訳です。(なるべく週に1回は水泳なんかしてみたりしてますし)
そんなワタクシがgooヘルスケアを見ると、
魅力的なコンテンツが結構あります。
goohealth.jpg

Continue reading »

 

欲望、野望に比例して、その人の成し遂げる事業も決まる。 (竹村健一)

 

いやあ、ROKETBOOMは面白いです。
この前から、日本語字幕が付くようになったらしく、
英語を良く解さない人でも十分見れます。
(サイト下部に翻訳サイトへのリンクが、、、おいおい)
jpができてからは、欠かさず見るサイトのひとつになってます。
ネタが面白いし、編集もスバラシイし、アマンダも魅力的。

amanda.jpg

木曜日の回は、BOINGBOINGのファウンダーが出てきていました。

Continue reading »

 

googleファイナンスなるものが、
オープンしています。(それにしても、すざまじいリリーススピードですね)
最初は、googleとファイナンスなんてピンとこなかったのですが、
インターフェースを見て納得。AJAX利用で、とても使いやすい。
さらにNewsやblogサーチとの連動だったり、経営陣のプロフィールが
見れたりするので、単純に企業のプロファイルを調べるだけでも、
株価チャートで遊びたいだけでも面白いです。
googlef.jpg

 

村上龍が描く、このあたりの世界は本当にありえたと思います。
以下の2作品で共通してくる考え方で、印象に残ったものは、
「日本人の日本という文化アイデンティティ」が完全に崩壊していると言うこと。

半島を出よ (上)
村上 龍
幻冬舎
2005/03/25
¥ 1,890 (定価)
 (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
単行本

(価格・在庫状況は7月23日 12:48現在)


半島を出よ (下)
村上 龍
幻冬舎
2005/03/25
¥ 1,995 (定価)
 (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
単行本

(価格・在庫状況は7月23日 12:48現在)


五分後の世界
村上 龍
幻冬舎
1997/04
¥ 560 (定価)
 (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
文庫

(価格・在庫状況は7月23日 12:48現在)


Continue reading »

 

人間の未来へ – ダークサイドからの逃走に行ってまいりました。
やっぱり、オノ・ヨーコはすごい。
《絶滅に向かった種族2319-2322》があるのですが、
「人間が絶滅してから平和が訪れた100年後にD大陸で4人の人間と1匹の犬の遺骸が発掘された」
という設定です。
父、母、姉、兄のそれぞれ個人的な頭の中の願望(夢)。(プラス犬。)
それらがすでに、黒い塊となって分類番号をふられてベンチに座っています。
コンテンポラリーは良く分からないのですが、「何か訴えるもの」と「感じるもの」がある。
「個」と「全」。詩というかメッセージがついていて、これもたまらなく良いです。
mito2.jpg
メッセージの中心は「人間の尊厳と反戦」。(だとおもう。)

Continue reading »