From the monthly archives: 10月 2006
2006102515425700-061025_0849~01001-small.jpg
2006102515425701-061025_0850~01002-small.jpg
 
2006102412304600-061024_1227~01.jpg
2006102412304601-061024_1217~01.jpg
2006102412304602-061024_1212~01-small.jpg
 

http://hiddy.vox.com/
写真を中心にと思われます。

 

「汝の道を行け しかして後は人の語るにまかせよ」(マルクス)

 

責めたくなるような顧客応対をするところは非常に多いのですが、
先日訪れた、みずほ銀行本店の受付窓口の対応はすばらしかった。
顧客対応のいろはが完全に叩き込まれているのでしょう。
基本的な応対はもとより、話し方、印象、間合いなど、
1分話しただけで、「ああ、この人はできる」というのがにじみ出ている訳です。
異常なまでにタイプは早いし、書類をかわしていく手際も良い。
2つタスクがあったときに、優先順位をつけて、1つ目をキューに
流しながら、その間に2つ目のタスクに取り掛かる。
その動きの軽やかさとあまりに対応がスバラシイので、
あえてちょっと意地悪な質問とか浴びせてみたのですが、
軽くかわされるどころか、完璧な回答と提案をしてくれました。
ああいうのをプロフェッショナルというのですね。
銀行などの実体の見えにくいサービス業にとっては、
顧客対応部門がユーザエクスペリエンスのほとんどを
握っているといっても過言ではないと思うのですが、
みずほの姿勢には、(ホントのこというとその人だけなんですけど)
感服しました。
お陰で、ワタクシのキャッシュカードにはICチップが乗ることになりました。
今後ともみずほさんよろしくお願いします。(w

 

一方は「これで十分だ」と考えるが、もう一方は「まだ足りないかもしれない」と考える。
そうしたいわば紙一枚の差が、大きな成果の違いを生む。(松下幸之助)

 

KLab、日本初の”ケータイ版 YouTube”的 SNS「ケースペ」のサービス提供を開始
だそうな。
いろいろ突っ込みどころ満載なニュースリリースですが、
Klaboは前の会社でのまさに競合会社だったので、
今でもちょっと意識してしまいます。
今後、ケータイでもサーチが進んで、CGM(UGM/UGC)が
中心になっていく中では、成長市場に種をまく、まあ教科書的な進出か。
でも、niftyがずーっとやってたフレリンとかこれまでもあったし、
第二世代SNSって何よ?という突っ込みもできるし、
youtubeってSNSだっけ?という軽めの疑問も抱けるし、
あれ?Livedoorフレパって完全にオープンなSNSじゃなかったっけ?とか、
結局、キーワードと動画広告なんですか?(いろいろ考えられているとは思いますが)とかとか、
この業界の方々はおそらく感じるところとは思いますが、
お手並みを拝見したいと思う所存であります。

 

thru. 「EG-ER60K」:デュアル・ステレオイヤホン

この商品説明が笑えます。

○音漏れについて
このイヤホンは常にインナー・カナル両方から音を出しているため、構造上音漏れを防ぐことはできません。
しかしながら、通常使用する音量と車内・屋外などの状況では、心配するほどの音漏れは発生しません。
インナーで聞いている際には、反対側となるカナルは音の出る穴が小さいため出る音も小さく、カナルで聞いている際には、耳栓効果があるため小さい音量でも十分聞き取れます。
聞く場所に合わせてご使用ください。

正常な精神の持ち主なら、なんじゃそらと言いたくなるところだ。
以前から思っていたことで、書いたこともあるかもしれないが、
ワタクシはデュアルイヤホンなるものがなぜ無かったのか不思議でならない。
といっても、上記のようなちょっとふざけたカナル式/インナー式の方式の二つではなく、
ひとつの音源プラグから、二つのイヤホンが分岐し、二人がそれぞれイヤホンとして楽しめるものだ。
男女カップルが仲むつまじく聞くシチュエーションが容易に想像できるが、
それだけではなく、会社の会議の録音テープを聞いたり、音が出せない場合での複数人の視聴など、
さまざまな用途があるはずだ。
誰かぜひ作ってください。買います。イメージはこんな感じ。
earphone.gif

 

061011_1715~01.jpg
061011_1715~02.jpg

 

googleがyoutubeを買収したようです。その額、$1.65B(16億5,000万ドル)。
大体2000億円程度という訳で、mixiとほぼ同額と考えるとちょっと少ない気もしますね。
(いや、mixiが高すぎるのか)

速報! GoogleがYouTubeを買収

(TechCrunchのコンファレンスコール要約は生々しい!必見。)
さっそく、いろいろなところで話題を呼んでいて、
youtube内でファウンダーがコメントを発言しています。

内容を簡単にメモ。
Chad Hurley
Steven Chen
(Steven)
hi,youtube this is chad and steve,co founders of the site.
and we just wanna say thank you.today we have an exciting issue,
we are required by google!
(Chad)
hi,thanks.thanks for everyone you guys,that am..
have been contributing to youtube community.
we won’t be any close to we are.
without this help to community.thanks a lot.
(Steven)
we gotta say we’ve commited to developing best service for you.
you know,developing innovative service and tools and technologis.
you can keep having fun all up ?? .
(Chad)
the most compelling part of this is
being alble to really concentrate on features and
functionality for the community.
we certainly have been listening to a problems and
becoming in surfaces in customer service and
worse developed profile and defenitely,i keen on just
reorganizing all of all efforts of our energy
back into building up community,and resolving this problems
that you guys have one.
(Steven)
this is great.
two kings became togher.
and better service and the better innovative futures for you.
ha,ha,ha I dont know.two kings!?
end.
(ちょっと不安なところあります。ご指摘歓迎。)
要約すると、
ユーザに対する感謝と、今後も引き続きユーザにたいして、
イノベーティブなサービスを提供していくこと、カスタマーサービスなど
改善の余地があるところに対して、パワーを使っていくことなどが述べられています。
最後に、「Two Kings?」と茶化しているのは、
youtubeをgoogleと並ぶネットの「王」として、
「二人の王が手を組むこととでさらに良いサービスと革新的な未来をあなたに提供する」
と、Stevenが言ったから。(そう聞こえる。間違えてるかな?)
すでに、youtubeよりもこのgoogleの買収に対する礼賛も批判も
生まれていますが、私はどちらかというと、google Videoがあるのに、
youtubeを買収してしまったgoogleに対して残念な思いが残ります。
これまでなら、さらに革新的な技術と発想で対抗していったはず。
ちょっとgoogleを語るにも経営論を語らざるを得なくなったこの状況が
何か物悲しいですね。
ともあれ、今後どのくらいシナジー生むのかは相変わらず見ていかなければなりません。