From the monthly archives: 11月 2007

お、、こんなの出ていたのか。
ろぼ
二足歩行ロボットの価格破壊、「i-SOBOT」がやってくる

タカラトミーが10月に発売する「Omnibot 17μ i-SOBOT」(アイソボット)は、全身に17個のサーボモーターを搭載した本格的な二足歩行ロボットだ。付属のコントローラで自在に動かすことができ、多彩なアクションとセリフをプリセット。音声認識機能まで備えた(別記事を掲載予定)。身長は165ミリメートル、体重350グラム。ギネスブックに「世界最小ヒューマノイド」というお墨付きをもらっている。
 そしてなにより、3万1290円

安い!
欲しいなー。これで誰かと戦ったりしたら面白いだろうなー。
コントローラもいけてますね。
誰か人柱として買ってください!(そして使わせて8-)

 

2007110713383600-071107_1325~01-small.jpg
2007110713383601-071107_1325~02.jpg
ICカード増えすぎ…

 

これまた、ちょっと今更感があるのですが、10月18日にAMNのマーケティングセミナーに行ってきました。

■AMNマーケティングセミナー
 「カンバセーショナルマーケティング最前線」
■第一部 Conversational Marketing Summit報告レポート
 ~YouTube、Facebook、Diggや広告会社、広告主が一同にかいして
  会話マーケティングを語る~
「Ad Innovator」編集長/デジタル・メディア・ストラテジーズ代表
織田 浩一氏
■第二部 パネルディスカッション+Q&A
 ~日本におけるカンバセーショナルマーケティングのあるべき姿とは?~
 パネラー 「Ad Innovator」 織田 浩一氏
       カレン 四家正紀氏
 モデレータ AMN 徳力

カンバセーショナルマーケティング最前線と題して、Ad Innovator 織田さんConversational Marketing Summitに参加されてきた内容をうまくまとめて報告するというのを皮切りに、日本のブログなどCGM(だけではない)を含めた対話型マーケティングについて考えるセミナーでした。
この、Conversational Marketing Summitを開催したfederatedmediaという会社は、まさにAMNのような会社でたくさんのブロガーをネットワーク化して広告配信を取り持っているところだそうです。
織田さんいわく、規模の小さいフェデラルメディアが開催したイベントなのにgoogle、youtube、Myspace、Facebook、Diggなどの幹部が登壇し、語ったことから業界内で注目されているイベントとのこと。
報告内容は、コンサルタントがまとめてくれているので、要点だけ。

・デジタル化の第3の波は、顧客と潜在顧客とのコミュニケーションがデジタル化したこと。
・消費者のネット利用時間と、ネット広告費はますますギャップが生じている。企業は消費者との会話に参加しなければいけない。
・企業のカスタマーサポートには金が眠るというが、そのとおりだ。
・ブランドは、もはやコントロールできない。コミュニケーションを増幅するか、希薄化するかだ。
・Big Idea から Big Idealへ。消費者とのコミュニケーションの中においてアイデアではなく、理想像を共有する。DoveのバイラルCMは好例。
・デモグラはほぼ機能しない。ライフスタイルとメディアエンゲージメントにかかっている。
・広告もマーケティング。(織田さんが言うと重みがある)担当者はすべてをファシリテートしなければいけない。

いわゆる「ブロガーと企業とのコミュニケーション」のように聞いていても問題は無かったのですが、後のトークセッションで四家さんが、ブロガーとのコミュニケーションもやるが、それ以前に「プロダクトそのものの価値とギミックが必要」と手法よりも、プロダクト側に視点を置いた論じ方をしていたのが印象的です。
まあ、織田さんの言っているプロダクトそのものやコンセプト、メッセージ、デリバリーなどを「ファシリテート」する必要があると言う点では、大枠異なる方向ではなかったですが。
自分は「対話」としたときに、モバイルのほうが親和性があると思ったので、モバイルの事例を質問してみたのですが、まだまだ、欧米には少ないみたいですね。むしろ、モバゲーのcocacolaジャックのほうが世界的に先を行っている事例なのかもしれません。
◆追記
doveのバイラルCMが意外に知らない人が多かったので、張っておきます。
このムービーで、Doveは「作られた美」なんて本当の美ではないというBig Idealを主張しています。

 

前からやっていた日本のエンジニアのための会議gungi(軍議)ですが、
転職イベントをやることになりました。
日ごろ、web開発やネットベンチャーの仕事に興味のある方はぜひ、ご参加ください。
参加企業も、4travelさん、ブログウオッチャーさん、シリウスさん、フューチャースコープさん、パソナテックさんとかなり勢いのあるベンチャー6社共同で行います。
転職に興味のない方でも、「ぶっちゃけどうなの?」みたいな質問ができる場があったり、ふつうに会社の説明があったり、開発の裏側なんかも話しがあったりするらしいので、楽しい会になると思います。
■うちのプレスリリース:http://blog.mynet.co.jp/info/2007/11/web6web6_1.html
■申込サイト: http://open.gungi.jp/modules/eguide/event.php?eid=7

1.開催概要
■日時: 2007年11月17日(土)
 第1セクション: 13:00-15:00
 第2セクション: 15:00-17:00
■定員: 各セクション60名
■会場: 渋谷マークシティ 17F (パソナテックセミナールーム)
■プログラム:
◎ 『Webベンチャーで働く6つの理由』 セッション
 ウェブベンチャー6社のCTO(最高技術責任者)らが登壇し、サービス/技術/仕事環境の各側面から「6つの理由」をプレゼンテーションします。
◎ 『Launch Pad』セッション
 ウェブベンチャー6社の提供するウェブサービス、モバイルサービスと企業概要について、それぞれの企業の代表者が短時間凝縮でプレゼンテーションします。
◎ 『個別相談会』
 参加者が興味を持った各企業の担当者にその場で個別の質問や相談を行えます。
■申込サイト: http://open.gungi.jp/modules/eguide/event.php?eid=7