From the monthly archives: 6月 2011

「アントレプレナーになりたいのであれば、コンサルや投資銀行に行くことは薦めない。学生ローンを返したい気持ちは分かる。しかし、コンサルや投資銀行のカルチャーの影響を受けて、飛行機のファーストクラスになれてしまい、子供ができ、10年後、ベットの上で起き上がり、『スタンフォードにいたときにあんなにあった僕のアイディアはどこに行ったんだろうか』といつか思う日が来る。そうなってからでは引き返せない」(グロースベック教授)

「目の前にいくつも道がある。険しい道をみて、あなたは、『もっと実力がついてから、もっと貯蓄ができてから』その道に行こうと思う。しかし、今行かなければ、その道に行こうという日は、決して来ない」(サーチファンドのクラスの教授)

私は、挑戦し続ける、ユニークな人生を歩みたい。自分なりの人生を、自分の価値観に従って、歩むことが出来れば、それがGSB流の「成功」なのだ。

Stanford MBAに留学する|卒業
チャレンジ、トライ、チェンジザワールド。

 

ブログにアップするのが遅れてしまいましたが、今年も田植えが無事に終了しています。
愚息の誕生により、端午の節句とセットになって、親戚もきーの、鯉のぼりもありーの、
誰も俺の相手はしてくれないーのと、親父が口うるさく段取りに介入してくるので、
いつにもまして大変でした。
まあ、晴れてよかった。(くらいかな、良かったことは。(涙)
この空の色いいよね。

薄植え用。(光の量がすごすぎてF値調整むずい)

植えたては水をたくさん入れます。

波打ちます。

今は頼りない。

光の反射が、

ステキですよねえ。

緑にはたくさんの生命力がつまっています。

ならぶとホッとする。(しかし重労働が待っている)


今年もあげてくれました。鯉のぼり。

朔太郎は役にも立たず、遊んでばっかりです。困ります。

トラクター。新顔。

鎧。

いえの周辺の花。


今年も美味しくできますように。