以前読んだ、発想する会社!とイノベーションの達人!がとても良く、IDEOという会社をずっと追っかけています。

IDEO https://www.ideo.com/

発想する会社!

イノベーションの達人!

最近はやりの、DesignThinking(デザイン思考)というやつなのですが、出版は結構古くて、2002年。それから、昨今のアジャイルとかスクラムとかweb開発の現場での方法論にフィットしやすいので、web業界でも広まった感があります。

なお、zibaの濱口さん(以前、IDEOに所属)がさらに方法論として掘り下げられているので、とても勉強になります。

日本人の性質を活かした究極のブレストとは?

そのIDEOがIDEO Uというオンラインラーニングを開講しました。
初回は2015年3月。
それから、どんどんコースが増えていって今では4つのコースが開催されています。

Insights for Innovation

Storytelling for Influence

From Ideas to Action

Leading for Creativity

このうち、Stroytelling for Infuluence以外は(会社のお金で)受講しました。お値段$399(5万円くらいか)(確か開講順は、Insights For Innovationの次はFrom Ideas to Actionだったと思う)

やり方は、5週間くらいで10本くらいの動画を見て、セクションごとに課題を提出。
最後に大きめの課題があるので、ががっとやって全員に公開する形です。

課題提出部分は、スレッド形式になっており、そこに生徒がペタペタと自分の課題を貼っていき、techerとアシスタントの人がコメントしていってくれます。

また、他にもLinkedInにグループを作ってくれるので他のトピックでもディスカッションができます。
(これも後半は、オンラインラーニングのプラットフォームについてたので、今はないかも)

無事、最後の課題を提出し、チェックを受けると修了証(certificate)を発行してくれて、LinkedInに学歴としてはることができます(これが地味に嬉しい)

最初はかんたんそう、ボリューム的に楽そうに見えるのですが、やっぱり仕事をやりながらだと終盤はタイトになってきてやや大変でした。課題のスレッドとか、本当は他の人のも見ると楽しいんだろうけど、自分の提出とコメントへの返信で精一杯な感じ。

でも、総じて体系的に学習できるので英語に苦手意識がない人にはオススメだと思います。

また、友人がIDEOUについて質問をくれたので、ここで返信したいと思います。

1 ビデオとか教材をダウンロード出来るんだよね?期間終わってからも見返せるの?

課題をやるペーパーはPDFでダウンロード可能。それに書き込んで画像撮ってUPLOADして提出という流れです。ただ、ビデオは画面からはダウンロードできないようになっていました。(ホスティングしているURLを直にアクセスしてダウンロードしたのは言うまでもありませんがw)

2 ライブチャット?の時間があるようなんだけど、そこは出た方が良いの?英語力的に自信なし。

トムケリーとか、ティムブラウンが降臨する時があるので、出た方がもちろん良いのだけど、確かに通訳もないセッションに入るのは辛いです。話が全くわからん時もあるし。しかも時差があるので、日本時間だと大体朝方。。。ワタクシは一度も出ませんでした。。でも、後日アーカイブが上がってたような気がします。ちょっと間延びした動画なので全部見てない。

3 コースガイドの英語は解るなレベルなんだけど、コースの中身は難しい?

ガイドの英語がわかれば十分。ビデオ教材はClosedCaption(字幕)を表示することができて、さすがに日本語はないのだけど、英語を追うだけでかなり理解ができるかと。(ただ、ダウンロードした動画にはCCが無いので注意)

4 やって良かった?

ちょっと大変だけど、これはもう良かったよ。
いろんな業界の人がいて視野が広がるし、日本のOFF会(2人だけどw)もやりました。
動画そのものが面白いし、referenceやresourceで紹介されている本や動画(英語だけど)も面白いネタが多いので、オススメできます。

 

こちらは映画版。昨年ほど観ていないのが辛い。時間を意図的に作って観よう。

エクスマキナ

こちらもrebuildレコメンドで見た。amazon primeにあるので、観れる方はぜひ。AIを搭載したロボットが最後にどうなるか、衝撃の結末なので、aiやwebに携わる人にはとてもオススメです。

アレクサンドリア

太古の昔、ローマの時代の女性科学者が惑星軌道などを研究、発見していく話。人に理解されなくても信じて続けることの大事さよ。

家族ゲーム

松田優作の家庭教師。家族の不協和音と受験戦争への疑問符。独特の空気感がたまらないですね。食事シーンが重要な意味を持つので、色々こじつけると考えると楽しい。

レジェンドオブフォール


アンソニーホプキンスとブラピの田舎ホームドラマ。親子愛、家族愛、戦争、恋愛全部入りで家庭を持ったからか、もう泣いちゃいますね。名優ぞろいで重厚な演技。

コロンボ ルーさん警部の犯罪、刑事役者のプロデューサ殺人
ボーダー:デニーロとアル・パチーノ共演刑事の私的処刑
ランボー 最後の戦場
グッドナイトムーン 英題 stepmam
エアフォースワン、ハリソンフォードの大統領的なランボー
名探偵ポワロ:誘拐された総理大臣|第18話
フィクサー
ローラーガールズダイアリー
エイブ・デイヴィス:物の隠れた性質を解き明かす新しい映像技術(TED
コロンボ黄金のバックル:財政難の美術館長の理事警備員相討ち演出
007::スカイフォール
アウトロー:トムクルーズの冤罪解決アクション
落語心中:アニメ
シンゴジラ
ビリギャル
おそ松さん

後半は、名作というより楽に観れるものに移行している気がする。。。
よくないですね、名作観ようっと。

 

2016年は、個人的にずっとやりたいと思っていた不動産投資と会社設立ができた年でした。

しかし、当然かもしれないのですが、その分時間がなくなりゴルフと映画、読書にかける時間が少なくなったような気がします。(原因はスプラトゥーンにもあるかもしれませんが笑

そんなこんなでとりあえず本。(マンガも含むアフィリンクはお勧めだけです!)

あなたの人生の物語

rebuld.fmでお勧めされていたので読みました。面白すぎ。数学的な考察や科学の予備知識、プログラミング、宗教、言語学、など全部ぶっこんでSFに仕上げてるあたりがすごい。続編読みたい。映画化もされるとか、されたとか。

ライト、ついてますか?–問題発見の人間学

デザイン思考、DesignThinkingをIDEOで4回受けたのですが、それの元にもなるような考え方の本。どっかでエレベーター前の鏡のエピソードを聞いたことがあったのですが、この本が出展というのを聞きつけ読破。やはり本質的な問題定義とはなんなのかを問い続けることが大事。

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント

言わずと知れた金持ち父さんシリーズ。3回目位かな。不動産投資をかじる人は必ずと言っていいほど読むでしょう。各所でいろんなことが言われますが、やはり至言が多く、示唆に富みます。実際に投資するにあたって読み直しました。自分のステージによってまた、味わい、解釈、気づきが変わるのも良い。2017年も投資を続けたいです。

ザ・ゴール

クリスタルボール

こちらも2回目。ザゴールは学生の時から大好きで、いろんな人にプレゼントしてきましたが、改めて4部作全てを読みました。ボトルネック、スループットとても重要。この辺を財務、経理だけではなく、salesやマーケティング、プロダクトも横断的に判断する必要があるから難しいのだよなあ、とこの歳になってしみじみ思います。単純なことほど実践し続けるのは難しい。

ぼくらの仮説が世界をつくる(佐渡島傭兵)

IDEOのオンラインラーニングで知り合った日本の方(東大理三というハイパー頭脳の人)に教えてもらった本。ネット論としても、仕事論としてもとても良かった。ぜひ一読を。

日本人を考える(司馬遼太郎)
マネジメントの基本
なまけ者のさとり方
21世紀の資本(le capital)::断念
羊をめぐる冒険
ワールドトリガー(まんが)
農協の大罪
社長の節税と資産づくりがわかる本
インターフェースの心理学
カバチタレ
特上カバチ
すべてがFになる
皆勤の徒 (酉島伝法)::ちょっと断念
限界集落株式会社
虐殺器官
ブッダ(手塚治虫)

うーん、やはりちょっと本の数が少ない。今年は増やしていきます。

 

よく忘れるので、ここにメモるぞ

File.open(file name,option)
open(file name,option)

r: 既存のファイルを読み込み専用で
r+: 既存のファイルを読み書き両用で
w: 新規のファイルを書き込み専用で
w+: 新規のファイルを読み書き両用で
a: 新規/既存のファイルを追加書き込み専用で
a+: 新規/既存のファイルを追加書き込み/読み込み両用で

ref.
https://sites.google.com/site/rubycocoamemo/Home/ruby-guan-lian/file-dumi-shuki

 

とっても日本的な情景だと思うんだけど、電車の中で、往々にして座席を一つ空けて座ってるじゃないですか。
それで、次第に混んできた時に、二人組が乗車して来て二人分の席は空いていない。二人でいるから一人で座るわけでもなく、かといってバラバラに座るのもあれなんで、とりあえず二人とも座らずに話し出すと。
それを察した人が、詰めれば二人並んで座れるので、サッと詰めてあげて、あ、ありがとうございます、と。

こういう気遣いって日本的で、ほっこりするし、ああ、なんか良いなと思う次第です。

二人組がおばちゃんだとその後のトークが炸裂しすぎて迷惑な時もあるのだけれどもw

 

NASとして動いていたLINKSTATIONですが、もう一本のHDDもぶっとびました
やっぱり寿命だったんだろうなー、、、同じHDDに取り替えて完了。

同時に2つとんでいたらRAID1でもデータ復旧できず、すべて損なっていたから良かったとしよう。
(それにしてもハードディスクメーカー減ったなあ)

 

とてもハマったのだけど、これで解決できてしまったので記します。

使っているのは、Buffalo Linkstation LS-WXLで、
RAID1で1TBを写真だ、動画だ、映画だをもっぱら突っ込んできました。

そいで、この前電源をぶち切ったのがよく無かったらしく、一つのディスクでエラーを確認。
「I12:デグレードモード」というのになっていて、どうやらディスクの物理故障のよう。
(多分、ネットワークセグメントを同一にするときに電源をスイッチじゃなくてACアダプタ引っこ抜いたのがよくない:-p)

デグレードモードI12のLinkStationのHDDを交換

RAID1なのでデータが全てぶっ飛んでいるわけではないですが、
昔からの子供の写真が思いっきり入っているので早めに冗長化した方が良い。

それでダッシュでハードディスクを買ってきました。2TBのものと悩んだけど、
RAID1の生きている方が1TBなので、素直に1TBをチョイス。(近くにあきばおーがあって助かった)

WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 1TB Red WD10EFRX / 5400rpm / SATA 6Gb/s / 3年保証

本家にちゃんと交換方法が掲載されてるので、この手順で新しいHDDを突っ込みます。

内蔵ハードディスクを交換する方法(LS-WVL/R1,LS-WVL/RF,LS-WXL/R1)
(あきばおーやすくて助かったぜ)

しかし、なぜかエラーのままでHDDが認識されない。。。

NAS(LS-WVLシリーズ)がディスクエラーでついにシャットダウンしたのでHDD交換

こちらを見る限り、何も考えずに取り付ければ認識されそうな雰囲気。
しかし抜き差しすること3回やってみましたが、認識されません。
(ディスクの型番がwebの管理画面で表示されない)

ほぼ半泣き状態でしたが、2台HDD積んでいるのでmaster/slave問題では?と気づき、ジャンパピンを確認しましたが元よりジャンパには何も刺さっていない。

では、と、HDDの物理的な場所を交換することにしました。linkstationはHDDを2台積んでいますが、筐体を開くとスロットそれぞれに1番、2番と番号がついています。1番のスロットのHDDの物理故障だったのでそこを新HDDにしていたんですね。そこで新HDDを2番へ、2番に入っていた生きているHDDを1番へ移設。

すると、HDDが認識されました!
(これでダメだったらEXT3でフォーマットするのを考えていた。これは相当面倒くさい)
デフォルトのlinkstationはlinux(BSD)で動いていて、EXT3かXFSのはずです。
LinkStationにハードディスクを増設したいとき(ハードディスクの接続)

推察するに、linkstation内のブートを行うときにHDDを認識するドライバの読み込みは1番のHDDからということなのでしょうかね。よく未フォーマットのHDDが1番で起動していたな、という感じですが、解決できてよかった。

引き続き、家のDVDとCDROMディスクを無くすことを進めてまいります。

 

大きなものをmanageする=うまくやるのと、
小さなものをleadする=意味のあるものにしたてる
ので、どっちが価値があるか?と問われれば後にも先にも小さなものをとるだろう。

いつの時代も、いつの日も、若い人新しい考え方に時代は壊され進化していく過程。

全ては考え方だと思うし、常に新しい自分でありたいという意味からも、
保守的であることに自分自身としての意味はあまり感じない。
現象としてはあまり変化はしていない。ただ考え方が変化しているだけだと思う。

そういう意味で、この前見たNOFXとoffspringのライブはすごかったね。
全くもって素晴らしかった。やりたいようにやれば良いのよ。

 

ようやく晴れ!やはり晴れると暑い。
満を持して短パン半袖で出発。行方を決めていないがとりあえず、出発。
昨日と同じ、隣の小肉まんで朝ごはんウマー。(12$×2。これはいくらでも食べれそう)

本日はやるかたないので、まずは台湾製のメイド喫茶を自転車で目指すこととする。
やや迷ったが、なんとか到着。でも営業時間が11:30とのことなので、外まで行ってみる。

薬ばっかり販売していて興味がわかない。食堂にも行ってみたが、まだ開店前なので奇異な目で見られる。

暑い。

とりあえず昨日から辛いモノが食べたいのだ、ワタクシは。
暑いと辛いものが食べたくなるのは自然なことなのだ。

ようやくランチ営業をしだした屋台でカレーご飯(65$)を食す。甘い。
甘すぎるカレー。こんなものは認めない。げんなり。それでも空腹なので全部食べる。

11:30にメイド喫茶に再度行ってみたが、OPENする気配がないので諦める。。

続いて台北秋葉原に行ったが全く面白くない。(ちょっとしたPCパーツなどがある)

それにしてもチャリにちゃんと乗れてうれしい。

つまらん。閑散としている。飽きてきたので、吉野家に行くこととする。
そういうところまで、吉野家が追随したのか、街づくりとして真似をしたのか。

ここはマクドナルド方式で2階があって、お盆を自分で持って適当に座る。
なんと台湾の吉野家はコーヒーが付く。今日ほど冷房がありがたい日もあるまい。

あまりにも観光地的なところは避けてきたが、好天で気持ちが良いので、中正広場に行く。
チャリで大通りは爽快である。総統府が見えてくる。

でかい。天安門やロシアではないけど赤い国はとにかく広場を作りたいのだろうな。
日本では考えられない。

喉が渇いたので、永康町まで行ってうまそうなマンゴージュースを発注。

しかし、まさかの冷えていない!状態での提供。
(隣のかき氷があったのが悔しい)
悔しいのでフラフラボタリング。

それからズンドゥブに後ろ髪を引かれながらも、パイナップルケーキのお店へ。
帰りに昔にEXPOの会場になっていた場所に寄る。
ファンデルローエのような建物があり、ここで夕涼みも良いなあと思う。

士林夜市に帰り、近くの中華屋さんで空芯菜と海老麻婆豆腐をビール2杯で食す。
締めに再度小肉まんをいただく。完全に食べすぎである。

最終日なので,、パッケージングして眠るとする。
ここで家人の誕生日の連絡を怠っていることに気づく。
すまん、忙しかっただけだ。昨日までは覚えていた。


HIS
受付番号 : AT13040900187

成田までバス
http://www.keiseibus.co.jp/kousoku/day/nrt16.html
八重洲に6:30,7:00,8:00で70分

<AIR>
2013/04/12 08:30
(空港集合時間)
成田空港 第一 ターミナル南ウィング、
エバー航空カウンターにて、ご自身でチェックインしてください。
2013/04/12 10:30 13:05 BR195
東京(成田空港)⇒タイペイ(台北)(台湾桃園国際空港)
エコノミー / 経由なし / Airbus A330 / 3時間35分 / 出発空港(成田空港)ターミナル:1 / 到着空港(台湾桃園国際空港)ターミナル:2 /
2013/04/16 14:50 19:10 BR196
タイペイ(台北)(台湾桃園国際空港)⇒東京(成田空港)
エコノミー / 経由なし / Airbus A330 / 3時間20分 / 出発空港(台湾桃園国際空港)ターミナル:2 / 到着空港(成田空港)ターミナル:1 /

イーモバイルレンタル
http://www.telecomsquare.co.jp/sp/

<宿>
Taipei Metro Stay – Shihlin Stay
(台北捷運住宿 – 士林住宿)
市区町村/番地: No. 232, Zhong Zheng Road, Shilin District,Taipei, 111
台湾
電話番号: +886 2 28310180
Eメール: taipeimetroinn@gmail.com
ご予約: 4泊, 1部屋 、カードAMEX可
チェックイン: 2013年4月12日金曜日(15:00から22:00まで)
チェックアウト: 2013年4月16日火曜日 (06:00から12:00まで)

 

今日も雨。よって自転車には乗れない。
昨日から朝に雨。からの夕方に晴れというのが続いているが見切り発車する勇気がない。

朝ごはんに宿の前の小さい肉まん見たいのを食す。
これがめちゃくちゃうまい。出来立てだからか?辛口のソースが良い。
再度、MRTに乗って台北駅に行き、九份に向かう予定。

台湾鉄道で切符の買い方がわからず、少々迷うも8:50の電車でGO!
車内は新幹線のような造り。40分くらい電車の旅である。快適。

駅を降りるところ。

バ、BADU?

駅前。

ここからBUSのはずだが、乗り込み時に「ジェンフェン?」と聞いてもNO!
と言われる×2。POLICEの方のbus stopから乗れるらしい。
さっきいた老夫婦の日本人はたどり着けるのだろうか??不安だ。

ここから乗ればいけるらしい

バスは日本の山奥みたいなところをずんずん進む。約2、30分くらいか。
地図を見てたが、みんなの降りる「九份派出所前」「九份前町」で降りられず、
一つバス停を乗り過ごす。雨の日には辛いミス!とぼとぼ徒歩でなんとか到着。

ミスした場所はお墓?みたいのが多かった。

歩いて九份IN

雨でけぶる山の景色も悪くない。なんだかんだで1.5hrで退散する。狭いエリアだった。

ラサール石井がいる

このガスメーターがかっこいい!

謎のサイン。

脇道はこんな感じで結構楽しい。

それから辛いものが食べたくなって、タクシーを飛ばして火鍋屋に往く。
結局、豚しゃぶのようなものだったが美味。
ビール2杯、追加で牛と食べすぎである。若い店員が珍しいのかaggressiveに話しかけてきた。

その後スタバに寄ってから、あんまり寒いので五份で長袖シャツを買うために
再度タクシー(205$)安いです。もっとタクシーを利用すべき。
行ってはみたもののロクなものがなく、お土産もーと思ったがやめにした。
緊急避難的に自分のシャツだけを購入。

それから、松山夜市へ。再び小肉まんと変なジャーキー的なやつをお土産に発注。
再び辛いものが食べたくなってガイドに書いてある四川料理の店に行ってもなんと、ビルが存在しない!!

仕方がないので、隣のティンタイフォンで小籠包を食べることにする。
有名どころなので敬遠していたが、確かに美味いかも。そしてお店もキレイ。トイレもキレイで満足。
帰りは東門駅からMRT(30$)で帰途。

出たとこの街並み。

明日は晴れるのだろうか。。