ようやく晴れ!やはり晴れると暑い。
満を持して短パン半袖で出発。行方を決めていないがとりあえず、出発。
昨日と同じ、隣の小肉まんで朝ごはんウマー。(12$×2。これはいくらでも食べれそう)

本日はやるかたないので、まずは台湾製のメイド喫茶を自転車で目指すこととする。
やや迷ったが、なんとか到着。でも営業時間が11:30とのことなので、外まで行ってみる。

薬ばっかり販売していて興味がわかない。食堂にも行ってみたが、まだ開店前なので奇異な目で見られる。

暑い。

とりあえず昨日から辛いモノが食べたいのだ、ワタクシは。
暑いと辛いものが食べたくなるのは自然なことなのだ。

ようやくランチ営業をしだした屋台でカレーご飯(65$)を食す。甘い。
甘すぎるカレー。こんなものは認めない。げんなり。それでも空腹なので全部食べる。

11:30にメイド喫茶に再度行ってみたが、OPENする気配がないので諦める。。

続いて台北秋葉原に行ったが全く面白くない。(ちょっとしたPCパーツなどがある)

それにしてもチャリにちゃんと乗れてうれしい。

つまらん。閑散としている。飽きてきたので、吉野家に行くこととする。
そういうところまで、吉野家が追随したのか、街づくりとして真似をしたのか。

ここはマクドナルド方式で2階があって、お盆を自分で持って適当に座る。
なんと台湾の吉野家はコーヒーが付く。今日ほど冷房がありがたい日もあるまい。

あまりにも観光地的なところは避けてきたが、好天で気持ちが良いので、中正広場に行く。
チャリで大通りは爽快である。総統府が見えてくる。

でかい。天安門やロシアではないけど赤い国はとにかく広場を作りたいのだろうな。
日本では考えられない。

喉が渇いたので、永康町まで行ってうまそうなマンゴージュースを発注。

しかし、まさかの冷えていない!状態での提供。
(隣のかき氷があったのが悔しい)
悔しいのでフラフラボタリング。

それからズンドゥブに後ろ髪を引かれながらも、パイナップルケーキのお店へ。
帰りに昔にEXPOの会場になっていた場所に寄る。
ファンデルローエのような建物があり、ここで夕涼みも良いなあと思う。

士林夜市に帰り、近くの中華屋さんで空芯菜と海老麻婆豆腐をビール2杯で食す。
締めに再度小肉まんをいただく。完全に食べすぎである。

最終日なので,、パッケージングして眠るとする。
ここで家人の誕生日の連絡を怠っていることに気づく。
すまん、忙しかっただけだ。昨日までは覚えていた。

 

3 Responses to 台湾一人旅(DAY4)

  1. あべ より:

    写真が見えないけどSafariのせいかな?台湾好きなんだね。

  2. hiddy より:

    あ、やっぱりそう?googleフォトから貼れないんだよねーpicasa無くなるらしいし、どうしよう。。。

  3. hiddy より:

    画像URL直しましたー普通に見れないURL貼ってたわ。。
    この台湾のエントリーは3年前に行ったやつ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です