カテゴリー: gadget

デュアル イヤホン

thru. 「EG-ER60K」:デュアル・ステレオイヤホン この商品説明が笑えます。 ○音漏れについて このイヤホンは常にインナー・カナル両方から音を出しているため、構造上音漏れを防ぐことはできません。 しかしながら、通常使用する音量と車内・屋外などの状況では、心配するほどの音漏れは発生しません。 インナーで聞いている際には、反対側となるカナルは音の出る穴が小さいため出る音も小さく、カナルで聞いている際には、耳栓効果があるため小さい音量でも十分聞き取れます。 聞く場所に合わせてご使用ください。 正常な精神の持ち主なら、なんじゃそらと言いたくなるところだ。 以前から思っていたことで、書いたこと […]

続きを読む

iPODが欲しい

Appleはどんどん行きますね。次はiTVですか。 これまで、Muvo君とWzero3を併用してきたワタクシですが、 アルミボディでさらに薄くなったiPODnano。 iTunesの使用感をひょんなことから聞いてしまったので、 本気で心を奪われています。第2次ipodブーム。MacBookも欲しいのに、、、 edit Apple iPod nano 4GB ブルー MA428J/A アップルコンピュータ2006/09/13¥ 23,800 (定価) (Amazon価格)なし (Amazonポイント) (私のおすすめ度) (Amazonおすすめ度 […]

続きを読む

ソニー mylo

うおう。ほしい。 スペックを見ると、simを抜いたZero3のようですが1GBついて390ドルなら安いかも。 でも、802.11bなことと、OS独自(hackはおそらく出るでしょうが)がネックかもしれません。 engadgetでもありますが、これで十字キーが左にあれば、言うことないのに。(w

続きを読む

オークションの理論価格(実証編)

オークションでは、出品者でも落札者でも、唯一の関心事は落札価格の水準だ。 オークションはその水準を決めるための決戦の場。人気も出るのも良く分かる。 しかし、これだけは覚えておかねばならない。 オークションで自分が落札した場合、それはもっとも高値をつけたということと 同義なので、再出品しても同じ価格で売れることは無い。 つまり、市場価値(価格)はもっともっと低いところにあるということ。 情報の非対称性など考慮すべきことはいっぱいあるけど、 落札する側はアタマの片隅においておくべきだろう。 さて、今回はオークションでの理論価格の算出を行いたい。 今はオークファンがあるので、とてもラクだ。 エクセル […]

続きを読む

カーナビの取り付けについて

ずっと書こうと思っていて、すっかりニューカーにほだされて、 記すのを忘れてしまっていました。 (写真は、最近到着したETC。これから取り付けなのでちょっと気が重い) 車の購入に至っては、かなり複雑(いったりきたり)な比較検討をしたので、 何が良いとか、悪いとか言うつもりは無いのですが、結局カーナビの取り付けについては、 ヤフオクで新品購入、街の整備工場で取り付けという運びにしたのは、 とても良い選択だったと思います。 これからカーナビを取り付けようとする方、新車購入でそのままナビ取り付けを ワタクシの場合は結局10万円以上割安で設置ができてしまいましたので、 考えている方には、ぜひこの方法をオ […]

続きを読む

オークションの理論価格(実証編)その3

さて、前回では簡単に落札理論価格をだしてしまった訳だが、 実はこの式にも、どれだけしっくりしてるかという指標があったり、どれだけ信頼できる変数か?という指標が あったりします。でも基本に勉強するわけではないので、詳しくは知っておく必要はないかと思いますが、 これだけは知っていると、非常に精度があがるので、ご紹介します。 上記の前回の結果から、利用したそれぞれの変数(ビーコンありかとか、落札の月とか)の係数が出たわけですが、そのとなりのとなりに「t」とだけ書いた列がありますね。 その数値が2以下(1.7以下でもよし)であれば、その変数はあまり信用できません。 これは、t値といって変数の信頼性を表 […]

続きを読む

オークションの理論価格(実証編)その2

さて、ちょっと間があいてしまったが、(ヒロトチさんごめんなさい) データも完成したことだし、オークションの理論価格の算出にとりかかろう。 一応、ワタクシの作ったデータをそのままおいてみる。 ここに至るまでの参考にしていただきたい。 4.実際に理論価格を出すために、回帰分析を行う。 ここでは回帰分析の中でもヘドニックプライスモデルを利用する。 つまり、被説明変数にプライスをおき、説明変数にその商品や財の機能などを 入れることで、商品価格を割り出すものだ。 (よく物件や電化製品に使うが、異なる製品間の差をみるのに適している) この場合は、すでに購入する商品AVIC-ZH009は決まっているので、 […]

続きを読む

オークションの理論価格(実証編)

オークションでは、出品者でも落札者でも、唯一の関心事は落札価格の水準だ。 オークションはその水準を決めるための決戦の場。人気も出るのも良く分かる。 しかし、これだけは覚えておかねばならない。 オークションで自分が落札した場合、それはもっとも高値をつけたということと 同義なので、再出品しても同じ価格で売れることは無い。 つまり、市場価値(価格)はもっともっと低いところにあるということ。 情報の非対称性など考慮すべきことはいっぱいあるけど、 落札する側はアタマの片隅においておくべきだろう。 さて、今回はオークションでの理論価格の算出を行いたい。 今はオークファンがあるので、とてもラクだ。 エクセル […]

続きを読む