Currently viewing the category: "books&movies"

以前読んだ、発想する会社!とイノベーションの達人!がとても良く、IDEOという会社をずっと追っかけています。

IDEO https://www.ideo.com/

発想する会社!

イノベーションの達人!

最近はやりの、DesignThinking(デザイン思考)というやつなのですが、出版は結構古くて、2002年。それから、昨今のアジャイルとかスクラムとかweb開発の現場での方法論にフィットしやすいので、web業界でも広まった感があります。

なお、zibaの濱口さん(以前、IDEOに所属)がさらに方法論として掘り下げられているので、とても勉強になります。

日本人の性質を活かした究極のブレストとは?

そのIDEOがIDEO Uというオンラインラーニングを開講しました。
初回は2015年3月。
それから、どんどんコースが増えていって今では4つのコースが開催されています。

Insights for Innovation

Storytelling for Influence

From Ideas to Action

Leading for Creativity

このうち、Stroytelling for Infuluence以外は(会社のお金で)受講しました。お値段$399(5万円くらいか)(確か開講順は、Insights For Innovationの次はFrom Ideas to Actionだったと思う)

やり方は、5週間くらいで10本くらいの動画を見て、セクションごとに課題を提出。
最後に大きめの課題があるので、ががっとやって全員に公開する形です。

課題提出部分は、スレッド形式になっており、そこに生徒がペタペタと自分の課題を貼っていき、techerとアシスタントの人がコメントしていってくれます。

また、他にもLinkedInにグループを作ってくれるので他のトピックでもディスカッションができます。
(これも後半は、オンラインラーニングのプラットフォームについてたので、今はないかも)

無事、最後の課題を提出し、チェックを受けると修了証(certificate)を発行してくれて、LinkedInに学歴としてはることができます(これが地味に嬉しい)

最初はかんたんそう、ボリューム的に楽そうに見えるのですが、やっぱり仕事をやりながらだと終盤はタイトになってきてやや大変でした。課題のスレッドとか、本当は他の人のも見ると楽しいんだろうけど、自分の提出とコメントへの返信で精一杯な感じ。

でも、総じて体系的に学習できるので英語に苦手意識がない人にはオススメだと思います。

また、友人がIDEOUについて質問をくれたので、ここで返信したいと思います。

1 ビデオとか教材をダウンロード出来るんだよね?期間終わってからも見返せるの?

課題をやるペーパーはPDFでダウンロード可能。それに書き込んで画像撮ってUPLOADして提出という流れです。ただ、ビデオは画面からはダウンロードできないようになっていました。(ホスティングしているURLを直にアクセスしてダウンロードしたのは言うまでもありませんがw)

2 ライブチャット?の時間があるようなんだけど、そこは出た方が良いの?英語力的に自信なし。

トムケリーとか、ティムブラウンが降臨する時があるので、出た方がもちろん良いのだけど、確かに通訳もないセッションに入るのは辛いです。話が全くわからん時もあるし。しかも時差があるので、日本時間だと大体朝方。。。ワタクシは一度も出ませんでした。。でも、後日アーカイブが上がってたような気がします。ちょっと間延びした動画なので全部見てない。

3 コースガイドの英語は解るなレベルなんだけど、コースの中身は難しい?

ガイドの英語がわかれば十分。ビデオ教材はClosedCaption(字幕)を表示することができて、さすがに日本語はないのだけど、英語を追うだけでかなり理解ができるかと。(ただ、ダウンロードした動画にはCCが無いので注意)

4 やって良かった?

ちょっと大変だけど、これはもう良かったよ。
いろんな業界の人がいて視野が広がるし、日本のOFF会(2人だけどw)もやりました。
動画そのものが面白いし、referenceやresourceで紹介されている本や動画(英語だけど)も面白いネタが多いので、オススメできます。

 

こちらは映画版。昨年ほど観ていないのが辛い。時間を意図的に作って観よう。

エクスマキナ

こちらもrebuildレコメンドで見た。amazon primeにあるので、観れる方はぜひ。AIを搭載したロボットが最後にどうなるか、衝撃の結末なので、aiやwebに携わる人にはとてもオススメです。

アレクサンドリア

太古の昔、ローマの時代の女性科学者が惑星軌道などを研究、発見していく話。人に理解されなくても信じて続けることの大事さよ。

家族ゲーム

松田優作の家庭教師。家族の不協和音と受験戦争への疑問符。独特の空気感がたまらないですね。食事シーンが重要な意味を持つので、色々こじつけると考えると楽しい。

レジェンドオブフォール


アンソニーホプキンスとブラピの田舎ホームドラマ。親子愛、家族愛、戦争、恋愛全部入りで家庭を持ったからか、もう泣いちゃいますね。名優ぞろいで重厚な演技。

コロンボ ルーさん警部の犯罪、刑事役者のプロデューサ殺人
ボーダー:デニーロとアル・パチーノ共演刑事の私的処刑
ランボー 最後の戦場
グッドナイトムーン 英題 stepmam
エアフォースワン、ハリソンフォードの大統領的なランボー
名探偵ポワロ:誘拐された総理大臣|第18話
フィクサー
ローラーガールズダイアリー
エイブ・デイヴィス:物の隠れた性質を解き明かす新しい映像技術(TED
コロンボ黄金のバックル:財政難の美術館長の理事警備員相討ち演出
007::スカイフォール
アウトロー:トムクルーズの冤罪解決アクション
落語心中:アニメ
シンゴジラ
ビリギャル
おそ松さん

後半は、名作というより楽に観れるものに移行している気がする。。。
よくないですね、名作観ようっと。

 

2016年は、個人的にずっとやりたいと思っていた不動産投資と会社設立ができた年でした。

しかし、当然かもしれないのですが、その分時間がなくなりゴルフと映画、読書にかける時間が少なくなったような気がします。(原因はスプラトゥーンにもあるかもしれませんが笑

そんなこんなでとりあえず本。(マンガも含むアフィリンクはお勧めだけです!)

あなたの人生の物語

rebuld.fmでお勧めされていたので読みました。面白すぎ。数学的な考察や科学の予備知識、プログラミング、宗教、言語学、など全部ぶっこんでSFに仕上げてるあたりがすごい。続編読みたい。映画化もされるとか、されたとか。

ライト、ついてますか?–問題発見の人間学

デザイン思考、DesignThinkingをIDEOで4回受けたのですが、それの元にもなるような考え方の本。どっかでエレベーター前の鏡のエピソードを聞いたことがあったのですが、この本が出展というのを聞きつけ読破。やはり本質的な問題定義とはなんなのかを問い続けることが大事。

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント

言わずと知れた金持ち父さんシリーズ。3回目位かな。不動産投資をかじる人は必ずと言っていいほど読むでしょう。各所でいろんなことが言われますが、やはり至言が多く、示唆に富みます。実際に投資するにあたって読み直しました。自分のステージによってまた、味わい、解釈、気づきが変わるのも良い。2017年も投資を続けたいです。

ザ・ゴール

クリスタルボール

こちらも2回目。ザゴールは学生の時から大好きで、いろんな人にプレゼントしてきましたが、改めて4部作全てを読みました。ボトルネック、スループットとても重要。この辺を財務、経理だけではなく、salesやマーケティング、プロダクトも横断的に判断する必要があるから難しいのだよなあ、とこの歳になってしみじみ思います。単純なことほど実践し続けるのは難しい。

ぼくらの仮説が世界をつくる(佐渡島傭兵)

IDEOのオンラインラーニングで知り合った日本の方(東大理三というハイパー頭脳の人)に教えてもらった本。ネット論としても、仕事論としてもとても良かった。ぜひ一読を。

日本人を考える(司馬遼太郎)
マネジメントの基本
なまけ者のさとり方
21世紀の資本(le capital)::断念
羊をめぐる冒険
ワールドトリガー(まんが)
農協の大罪
社長の節税と資産づくりがわかる本
インターフェースの心理学
カバチタレ
特上カバチ
すべてがFになる
皆勤の徒 (酉島伝法)::ちょっと断念
限界集落株式会社
虐殺器官
ブッダ(手塚治虫)

うーん、やはりちょっと本の数が少ない。今年は増やしていきます。

 

大きなものをmanageする=うまくやるのと、
小さなものをleadする=意味のあるものにしたてる
ので、どっちが価値があるか?と問われれば後にも先にも小さなものをとるだろう。

いつの時代も、いつの日も、若い人新しい考え方に時代は壊され進化していく過程。

全ては考え方だと思うし、常に新しい自分でありたいという意味からも、
保守的であることに自分自身としての意味はあまり感じない。
現象としてはあまり変化はしていない。ただ考え方が変化しているだけだと思う。

そういう意味で、この前見たNOFXとoffspringのライブはすごかったね。
全くもって素晴らしかった。やりたいようにやれば良いのよ。

 

数年前から読んだ本と見た映画をメモしているので、ブログにさらしていこうと思います。
NHKプレミアムとかでやっているのをジャケ撮り(タイトルだけで予約すること。俺がつけた)して観るのが基本で、よほど観たいタイトルがあれば個別に借りたり劇場に行ったりしています。なので最新のタイトルってのは無いに等しいw

去年はあんまり出来ませんでしたが、レイトショーに一人で行くのはオススメです。
飲みに行きたい時に適切な人がいない場合は、家の近くのシネマでレイトショーを見て余韻に浸りながら歩いて帰るのが乙。

後半はrebuildでオススメされていたアニメをやたらみました。
個人的に観た中でランキングは以下の通り!

1.おとなのけんか

子供のケンカをきっかけに大人たちが教育問題を中心にケンカしていくテンポの良い映画。部屋の中からほとんど出ず、牽制やはたまた皮肉、罵倒を織り交ぜてほぼトークだけで展開していく。テーマの良さと滑稽さと脚本の良さ、セリフとその間がとても良くて難しいテーマなのだけど軽快です。

2.ベイマックス

これも少し前だけど、本当に良かった。飽きない結構早い展開で、「日本」をよく研究しているなって感じ。マイクロボットの発想も科学好きも物体転送器も楽しい。子供も好きなので何度も一緒に見てます。

3.バグダッドカフェ ディレクターズカット版

昔に観たとは思うのだけど、ほとんど覚えてなかった。やっぱり名作は良いですね。あの空気感とどうしようもない閉塞感、その中に生まれる希望というか、交流の描き方が素晴らしい。

4.みんなのいえ 三谷幸喜

自分の仕事でやっているwebのサービス、プロダクト作りも「設計」が命な訳で、時折入る格言があるあるすぎて爆笑しました。これは名作。三谷作品の中で一番好き。


5.シュタインズゲート

アニメはあんまり見てこなかったのだけど、rebuildでも絶賛されていたので勢いnetflixで風邪をひいている時に一気に観ました。序盤はフーンくらいだったのだけど、10話くらいからの怒涛の展開がすごい。何よりプロット、脚本が面白いですね。科学好きじゃなくても面白いのではないでしょうか。エルプサイコングルウw

6.父と暮らせば


井上ひさし昨品。戦争もので少し躊躇しますが、ストーリーだけではなく宮沢りえの演技が素晴らしい。あんまり関係ないけど、この作品で初めて「脇付」という単語を知った。会社以外ではあんまり使わないけど、こういう文化がある日本ってやはり繊細で奥深いなと再発見。

以下、2015年に観た映画リストです。

<見た映画>
セブンイヤーズインチベット
コロンボ 意識の下の映像
レンタネコ 荻上監督
コロンボ 第三の終章
新しい人生のはじめ方
コロンボ、逆転の構図
バグダッドカフェ ディレクターズカット版
007カジノロワイヤル
少林寺2
世界侵略
ハートロッカー
みんなのいえ 三谷幸喜
インタビューウィズバンパイア
わたし出すわ
おとなのけんか-ジョディフォスターの子供の喧嘩起因の親の口論
ピンポン
HANA-BI
ベイマックス
ラッシュアワー
ラッシュアワー2
コロンボ仮面の男
ミリオンダラーベイビー
ナイトアンドデイ
ネゴシエーター
父と暮らせば 井上ひさし、宮沢りえ、原田芳雄の広島原爆映画
ファッションが教えてくれること The September Issue
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない
SHIROBAKO
シュタインズゲート
シュタインズゲート映画

今年もたくさんの映画を観たいですね。

 

こちらは本です。

本は結構偏ってしまうので、違う作家のものも読みたいですね。
でも、ハルキストに初期三部作を必ず読め!と言われたので読みました。
初期の春樹いいですねえ。

本のランクは難しいですが、同僚に教えて貰った
四畳半神話体系は面白かった。シュタインズゲート観てからだと、さらに味わい深い。

あと、仕事柄スタートアップ系の本も読みますが、ゼロトゥワンもとても良い本です。仕事やる気になった。

<読んだ本>
ゼロトゥワン
山賊ダイアリー5
乙一 ZOO2
金持ち兄さんの王道
トムピーターズ ブランド人になれ
七夕の国
金持ち父さんの投資ガイド上級編
青の炎
HARD THINGS
55歳からのハローワーク
不動産鑑定基準
東大家庭教師の頭が良くなる思考法
風の歌を聴け
1973年のピンボール
十三番目の人格ISOLA
硝子のハンマー
世界で戦うプロダクトマネージャになるための本
四畳半神話体系

 

最近めっきりブログを書くことができないですが、ずいぶん前にrebuildで聞いてからSHIROBAKO(アニメ)をちょくちょく見ていますけど、結構面白いですね。久しぶりにこう言う続くアニメを見ましたが、ストーリーも面白いし、制作現場のあるあるも多いし、主人公たちも可愛いし、共感できること多いしで楽しく見てます。さらに、制作がピーエーワークスというなんと富山にある制作会社でとても親近感が湧きます。

クリエイティビティが発揮されるようなコンテンツやサービスであれば、TVやネットで配信できるのなら首都圏だろうが、地方だろうが関係ないね。とても勇気が出るというか、俺もそういうスタイルでやりたいなあ、東京は便利なのだけど人工的すぎる。

 

Shift-JISのことを会社でシフジスというのをこの前聞いた。(驚愕)

(あさましいけど、ぜひ参考に)


プログラマのための文字コード技術入門 (WEB+DB PRESS plus) (WEB+DB PRESS plusシリーズ) [単行本(ソフトカバー)]

プログラマのための文字コード技術入門 (WEB+DB PRESS plus) (WEB+DB PRESS plusシリーズ) [単行本(ソフトカバー)]

 

グラビティ(邦題:ゼログラビティ)を観ました。
スクリーンで観たいみたいと思ってずーっとレイトショウを検索して隙見つけて行こうと思っていましたが、結局上映期間終了で本日BluRayにて。

もうね、凄すぎる。息つく暇もなさすぎる展開。
演技も音楽も映像も演出もみんなあいまって緊迫感だけ。
最後の水中では、思わず息を止めてしまう。
なんでしょね、オスカー取ったからではないけど、本当に今の最先端の技術や考え方が散りばめられている気がします。

エンタメとしても、映画としても、人生訓としても色んなものが注入されていて、
非常に素晴らしい作品でした。マル。

(ジョージクルーニーはあういう役柄激ハマリですねえええ)

 

観た。

確かに同一な日の別視点、別人物な進め方も面白いが、個人的にはもう少し主題を絞って欲しかったかなあ。高校生のモラトリアムな日常の中で、何か(桐島)に流されて過ごす毎日と桐島が部活辞めることになって、そこから脱却する過程みたいなのはとっても面白い。しかし、(これは自分が悪いんだけど)この軽い日常的な喪失感から始まる自分探しゲームな感じがスゴイ村上春樹な展開だなあ、と思った。特に落ちないし、そうやって時は進んでいく、みたいな。タイムゴウズバイ。物語、物語。葛藤と恋愛と性と、それが人生。まあ、なんでも良いけど。

神木くん?(映画部部長)の演技がハマってて良かったなあ、あういう演技の幅ってスゴイと思う。なんだろう、やっぱり俳優ってセリフじゃない部分でどれだけ伝わるかだし、キャラとしてあるある感があったのが楽しい。映画部は二人がはまり過ぎて面白い。ホントに声出して笑ったこと数回。

序盤で、あ、これは桐島出てこないパターンだな?と思ったら、後半で屋上にいてビックリした。でも、やっぱりちょっと出なくてホッとしたw

それにしても、いちいち、キレイな構図と絵だったなあ、良いカメラだなあと思ったことが多かった。良い映画って脚本、演出、演技以上に「絵」だと思うんですよね。最終的なユーザーインターフェースとしての、映像の一コマ。良い「絵」の連続こそが名画につながるってことを痛感しきりであって、そう言う意味で、桐島部活も名作と言っても良いのだと思います。


桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組) (2013)

桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組) (2013)